ホワイトセージの香りにのせて☆☆浄化☆セージ☆波動☆☆スピリチュアルでアットホームなネットショップ、Mother's Free Spirit の店長MamaKumiのフローな日常雑記。


by MothersFreeSpirit

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ご来店お待ちしてます!

アメリカはネバダ州カーソンシティから、北米を中心にFree Spiritな人々が手がけたSpiritualでHappyなアイテムをご紹介!
Mother's Free Spirit

kokoroathome.ocnk.net

【自己紹介】
こんにちは、MamaKumiです。
のんびり豊かなフローにのった自然体生活(スピリチュアルライフ)をする中、2008年2月、流れ流れてアメリカはネバダ州カーソンシティという町にたどり着き、大自然に囲まれた暮らしを楽しんでいます。

Mother's Free Spirit店長
コーアクティブ・コーチ
カリフォルニア州認定エサレン(R)マッサージプラクティショナー
タイマッサージ・プラクティショナー
現代レイキマスター

サンフランシスコ
旅行口コミ情報


♪当ブログは文章、写真共に「ワートマン・ひがしくみこ」に著作権があります。無断引用は一切お断りいたします。お取引先のお客様で必要がある場合は、ご連絡をいただければ、対応いたします。

ブログランキング

カテゴリ

全体
ねば~だから、Hello! 店主便り
手仕事人のつぶやき
ネバダより愛を込めて 日常編
ネバダより愛を込めて 食編
ネバダより愛を込めて 旅編
ショップより愛を込めて
スマッジング(商品関連)
ボディ・マインド・スピリット
渡米前のブログ
日々思うこと
MamaKumiって何者!?
未分類

検索

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

フォロー中のブログ

エサレンマッサージ・プラ...
TrueLight  ~...
エサレンボディワーカー ...
レムリアからクリスタルの風
saran_toya-月...
糀 料 理 研 究 室 ...

ブログジャンル

海外生活
ハンドメイド

画像一覧

シャスタでのお仕事 クリスタルたちとの語らい

私たちはいつもシャスタのダウンタウンから歩いて5分くらいのところに宿を取っています。窓一杯にシャスタ山が見渡せる素敵なロケーションで、初めてそこに泊まって以来、ずっと同じ宿に宿泊しています。最初は日本人の方には有名な、日本人オーナーの運営する宿にアポイントを取ろうと試みたのですが、連絡がうまくいかず、仕方なく別の宿に決めたのですが、結局それ以来ずっと同じこのシャスタ山が真正面に見える宿に宿泊しています。私たちにとってはきっとそれも流れだったんだろうなぁと感じています。

私がシャスタクリスタルを仕入れている店、セイクレッド・シード・クリスタルズはダウンタウンのメインストリートの一筋裏手で、私たちの宿から歩いて4分くらいのところにあります。小さな木造の長屋のような建物の端っこの一角で、2つのショップスペースとオフィスの3部屋が彼らの聖なる場所です。

彼らとの出逢いも実はフローに導かれたと言ってもいい状況で始まりました。初めてシャスタを訪れた去年の春、エサレン研究所で知り合ったクラスメイトの友達が働くクスタルショップを訪問する目的でダウンタウンを歩いていました。ところが、その店は改装のためお休みでした。そのクラスメイトの友達とは日本にいた頃に一度会っていて、何度かやりとりをしたこともあって、彼女のところからクリスタルを仕入れる方向で話は緩やかに流れていました。ところが、なぜか連絡が取れなくなり、私は日本を離れ、アメリカに移りました。そして春、シャスタを訪れ、探し当てたそのショップは改装のためお休みという流れ。仕方なく、町をふらふらと歩いていたら、小さなクリスタルショップを発見。それが今、うちの店と繋がってくれているセイクレッド・シード・クリスタルズでした。セイクレッド・シード・クリスタルズはその日が開店ということで、オーナーのニナとミゲルはレイアウトに没頭していました。その小さな店からはシャスタ山がくっきり見え、店内は清々しいエナジーで満ち溢れていました。その日は軽く会話を交わし、少しだけクリスタルを見て宿に戻ったのですが、その晩、ふっと感じ取るものがあり、翌日改めて伺って、ほんの少しだけ、ショップに飾ってあったクリスタルをうちでの販売用に購入して帰りました。

それがすべての始まりです。お店のロケーションもさることながら、彼らのスピリチュアリティに溢れるムードに惹かれました。気合の入っていないポジティブマインド、というとわかりづらいかもしれませんが、ヒッピーの時代から引き継がれた感覚的な空気を持ち自然と調和しながら生きている人たちのムードが、今のアメリカのスピリチュアルと呼ばれている人たちの雰囲気で、彼らもまた、そんなムードを持った自然児のような人たちでした。本当にクリスタルが大好きで、引き寄せられるようにこの仕事に就いたふたりの愛情も彼らの販売するクリスタルにはたっぷりと注がれていて、シャスタからの波動に合わさり、いいエナジーが増幅されている空気は、ショップを訪れていただくと感じてもらえるのではないかと思います(^^)。

d0080282_10593871.jpgその後、昨年の夏に本格的なお取引をさせていただくことになり、今年が2度目の夏、というわけです。今回もまた、私たちのクリスタル選定用にオフィスサイドにスペースを作って待っててくれました。私の中で、シャスタエナジーのクリスタルは出来る限り自然界から取り出されたままの形を保ったもの、という気持ちがあるのですが、あまり硬く考えず、その時の流れを大切にすることで、いい出逢いがあると信じています。ということで、今回の出逢いは、淡いピンク色がとても美しいレムリアンシード、雄々しさ、たくましさを感じさせてくれるアトランティアン・クォーツ、いつものようにスターシードとほんの少しのダブルターミネイテッド、そして、ヴォゲルワンドです。

ヴォゲルワンドについて少しお話しましょう。これに関しては、エンジニアのバックグラウンドのある夫スティーブも多少の知識があり、このカットを最初に施したヴォゲル(Vogel)さんはアメリカのエンジニアの間では知られた人だということです。深くは書きませんが、簡単にご紹介すると、このヒーリング用のパーフェクトカットを考えたヴォゲルさんはIBMに在籍していらした方で、彼の作り上げたワンドは人口水晶によるものです。人口の水晶はいろいろな精密機械に利用されているものです。完璧に設計された人口水晶を利用したものだからこそ、パーフェクトなヒーリング効果が得られるというのが彼の考えです。そして、このカットは彼が亡くなったそのあとも、登録商標として残されているため、実は「ヴォゲルカット」などの言葉は彼のカンパニーから販売されているもの以外に使うことのできない表現です。

私が仕入れてきたものはといえば、人口ではなく、天然の水晶です。更にアメリカのサイトを調べていくと、今では天然の水晶にしても、ヴォゲルさんが考案したカットを施したものを一般に「ヴォゲル」と呼ぶようで、セイクレッド・シード・クリスタルズの彼らも疑うことなくそう呼んでいました。

メルマガをお読みいただいている方でしたら私の石に対する考えはご存知かと思いますが、天然のものに登録商標を付け、高い金額で売る、という考えには賛成しかねるものがあります。ただ、ヴォゲルさんのものに関しては、ご自身で開発された人口のものなので、悪いことではないと思っています。このカットのワンドについて、天然が良いか、人口が良いか、という部分ですが、それはあくまでも、持つ人が決めることだと思っています。他人に言われるままに感じもしないのに感じたように思い込む必要もないし、何が正しくて何が正しくないということはないのです。大切なのは、ご自身の感性を信じることです。私がなぜ、この美しいカットの天然水晶ワンドをご紹介したいと思ったかというと、私自身に感じるものがあったこと、私自身が天然に勝るものはないと思っていること、そして、天然だからこそのインパーフェクトさが気に入ったからです。インパーフェクト。。。つまり、ひとつひとつが完璧に同じではない、ということです。人間もそうですが、同じ五体を持ってしても、ひとりとして完璧に同じ人間はいないですよね。私が天然石にこだわる理由はそこにあります。といっても、実際は理屈じゃなく、感覚が欲していて惹かれている、というのが正しい表現なのですが。当のヴォゲル氏も実は、ご自身の考案した人口水晶によるワンドが一番だと信じながらも、やはり「感じ方は人それぞれ」と考えていらしたようで、そういうところは個々の意見を尊重する意識がしっかりしているアメリカ人のいいところだなぁと思います。

そういうわけで、一般的に「ヴォゲルカット」と呼ばれているこのカットのワンドですが、ヴォゲルが固有名詞であることと、このカットが登録商標であることから、私は自分のショップでは「ヴォゲルスタイルワンド」と呼ぶことにします。ちなみに、日本語のネットを検索すると、「フォーゲル」という呼称が多いようですね。夫曰く、固有名詞の発音は見た目通りにはならないので、彼は「ヴォゲル(ゲはグとゲの間くらいの音)」と呼んでいますが、もしかしたら「フォーゲル」が正しい音なのかもしれませんし、そのあたりはよくわかりません。とりあえず、私たちの間で出た発音で表記しようと思います。

実はこのヴォゲルスタイルワンド、自分用にもひとつ購入しました。仕入れ品を選択しているときに、ふっと、「この子はうちの子になる子だ」と強く感じたワンドがありました。今まで、仕入れの仕事をしながら自分用に持ち帰るもののことは考えたことがなかったのですが、今回、ふっと降りてきた感覚がこのワンドでした。早速、自宅で浄化、自分の波動とのチューニング(もちろん自己流(^^))を経て、うまい具合にひどい寝違いを起こした夫の首から背中にかけてヒーリングをしてみました。その辺りはまたのちほど書くことにしますね。

ヴォゲルの話が長くなってしまいましたが、今回のシャスタでのクリスタルとの出逢いは前回に増して素晴らしいものでした。その子たちが育った土地のエナジーをたっぷりと吸収してうっすらとピンク色に染まったレムリアンシードは高貴な雰囲気をかもしているし、アトランティアン・クォーツは勇気を与えてくれる男性的なたくましさで私の目の前に登場してくれたし、スターシードたちも聖なるシャスタのエナジーを受けてイキイキと輝いていました。今回は、レムリアンシードとアトランティアン・クォーツはやや大きめのもの、スターシードは持ち歩ける小さなお守りサイズのものたちが揃いました。なるべく、一度にまとまった数をご紹介していこうと思っていますが、ぼちぼちといきますので、のんびりとお待ちいただければと思います(^^)。

今回、理屈抜きで、天然のクリスタルたちが好きな自分にも改めて気づきました。深い知識より、自分の感覚を信じる気持ちも強まりました。ニナとミギュエルと私と夫スティーブと。とても楽しい時間を過ごすことができました。本当に、ニナたちとの出逢いはいい出逢いだったなぁとつくづく思います。シャスタに行くことがあったら、ぜひ、彼らの店を訪ねてあげてください(^^)。でも、シャスタまで足を運ぶことができなくても、Mother's Free Spiritに並んだシャスタエナジーたちは、彼らのショップで購入するのとほぼ同じ価格なので、彼らのお店に出かけたつもりで楽しく眺めていただければと思います(^^)。
d0080282_1112155.jpg

[PR]
by MothersFreeSpirit | 2009-07-29 11:04 | ショップより愛を込めて