ホワイトセージの香りにのせて☆☆浄化☆セージ☆波動☆☆スピリチュアルでアットホームなネットショップ、Mother's Free Spirit の店長MamaKumiのフローな日常雑記。


by MothersFreeSpirit

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ご来店お待ちしてます!

アメリカはネバダ州カーソンシティから、北米を中心にFree Spiritな人々が手がけたSpiritualでHappyなアイテムをご紹介!
Mother's Free Spirit

kokoroathome.ocnk.net

【自己紹介】
こんにちは、MamaKumiです。
のんびり豊かなフローにのった自然体生活(スピリチュアルライフ)をする中、2008年2月、流れ流れてアメリカはネバダ州カーソンシティという町にたどり着き、大自然に囲まれた暮らしを楽しんでいます。

Mother's Free Spirit店長
コーアクティブ・コーチ
カリフォルニア州認定エサレン(R)マッサージプラクティショナー
タイマッサージ・プラクティショナー
現代レイキマスター

サンフランシスコ
旅行口コミ情報


♪当ブログは文章、写真共に「ワートマン・ひがしくみこ」に著作権があります。無断引用は一切お断りいたします。お取引先のお客様で必要がある場合は、ご連絡をいただければ、対応いたします。

ブログランキング

カテゴリ

全体
ねば~だから、Hello! 店主便り
手仕事人のつぶやき
ネバダより愛を込めて 日常編
ネバダより愛を込めて 食編
ネバダより愛を込めて 旅編
ショップより愛を込めて
スマッジング(商品関連)
ボディ・マインド・スピリット
渡米前のブログ
日々思うこと
MamaKumiって何者!?
未分類

検索

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

フォロー中のブログ

エサレンマッサージ・プラ...
TrueLight  ~...
エサレンボディワーカー ...
レムリアからクリスタルの風
saran_toya-月...
糀 料 理 研 究 室 ...

ブログジャンル

海外生活
ハンドメイド

画像一覧

その9.巨大な熊に遭遇!!!

(*✪‿✪p【こちらはフェイスブックのショップページの転載です】q✪‿✪*)
   もしよかったら、リンクをたどって「いいね」してね(^^)/

♪$♪$<<ねば~だから、Hello! 店主MamaKumi便り>>$♪$♪
   
その9.巨大な熊に遭遇!!!
   
いつもありがとうございます(^^)/

本当は昨日これを書こうと思ったのですが、昨晩はバタバタとしており、今日は今日とてバタバタと忙しく、今になってしまいました。
   
小学校の教諭をしている夫が夏休みの間の月曜と金曜、私たちは彼の勤め先のあるレイクタホ湖畔のインクラインビレッジという我が家より少し標高が高く涼しい場所で朝のエクササイズをしています。彼はランニング、私はウォーキングです。お互いのしている運動のペースが違うので、現地でそれぞれの運動を1時間して、車に戻る感じでしています。
   
湖沿いの道は、林の中に巨大な家が並ぶ超高級住宅地です。どれだけ巨大かというと、多くの家が、道の反対側からの写真のフレームに収まらないくらい大きいんです。この道は木陰も多く、高級住宅地だけに道沿いはとても整備され、花々が咲き乱れる美しい前庭が続き、歩きながら目の保養にもなります。湖沿いの森を整備して出来ている町なので、当然のことながら、野生の動物がたくさんいます。その中でも有名なのは最近ではちょくちょく民家に出没する熊です。
   
私は熊の生態についてはあまりよく分かっていないのですが、通常大きな生き物は早朝や夕方からなど人と逆の時間帯で活動をしていると聞いていました。私自身、以前、夜に何度か車の中から熊をチラリと見かけたことはありました。
   
ところが昨日の朝、私がウォーキングをしていると、上下2車線という狭い道の向こう側に黒い大きな物体がのっそのっそと歩いているではありませんか! たまたま私の周りには誰もおらず、その場にいたのは立ってガオーっとしたらきっと3mくらいはあるのではないかという大熊と私だけ。道路反対側とはいえ、彼は私のいる方角に、私は彼のいる方角に歩いていたので、道を隔ててすれ違う瞬間に彼の存在を知ったのでした。
   
本気で体が固まりました。一瞬にして気が動転し、頭が真っ白になり、フリーズしました。
   
「お願い、こっちを見ないで!」と祈りつつ、こちらは彼から目を離さずにはいられませんでした。恐怖の瞬間ってのはこういうもんなんだなぁ、などと、焦りながらもどこか冷静に自己観察している自分がいます。
   
「もしヤツがこの道を渡ってこっちに来たら、私は一巻の終わりだ! まさか私の人生が熊に襲われて終わるなんて、思ってもみなかった!」
   
真っ白になった頭の中に「お替わりはいかがですか」と真っ黒いコーヒーを流し込まれたかのごとく、余計な思考が私の脳を濁していきます。もし、誰かに拳銃を向けられたら、きっと同じような感じに体が固まり、頭が真っ白になり、その真っ白にフリーズした脳にどす黒く不要な思考がぐるぐると渦を巻きながら侵略してくるんだろうな、などと、余裕もないのにどうでもいい思考は続きます。
   
「こりゃ、ウォーキングどころの騒ぎじゃない!」
と、元来た道を戻り始めたものの、
「いや待て、同じ方向に歩いていく馬鹿がいるか!」
と、すぐに平常心が戻ります。そんな思考の行ったり来たり。
   
そうこうしている間、熊は沿道から少し奥まった住宅の門のある方に歩いていきました。つまり、私と遭遇した距離から少しずつ離れていってくれたのです。
   
そうしたら今度は、「しゃ、写真、写真を撮らなきゃ!」と、慌ててアイフォンを取り出す始末。混乱を絵に描いたような私がそこにいます。
   
なんとかその熊を望遠で写真に収め、とりあえず気を取り直し、再び東に向かって歩き始めました。歩きながら、最初に遭遇した何人かには「すぐ向こうで大熊に遭遇しました」ということを伝えました。
   
熊の行動がわからないので、同じ場所にずっといるものなのか、どこかに移動するのか、その熊の向かった先がハイヤットホテルのある方向だったので、きっとたくさんの人がその熊に遭遇するんじゃなかろうか、熊の人生、いや、熊生は保証されるのだろうか、それとも捕獲されるのだろうか。。。などと、興奮は増し、歩く速度はどんどん遅くなりました。というか、もう、自分の足であって自分の足じゃないような、「ここはどこ?私は誰?」といった浮遊した状態で夢遊病者のようにヨチヨチと歩き続けました。
   
いつもなら、森林公園のような場所を横切って車を停めた場所にいくのですが、今回ばかりは人気のある場所を選んで歩き、なんとか車に戻りました。
   
ものすごい恐怖感に包まれながら、私より先に車に戻っていた夫に熊との遭遇を話すと、彼は淡々と、
「基本的に熊はフレンドリーなので、危害を与えるものではないという様子を見せれば襲っては来ないんだよ」
ですと。
「あーら、そうなら次回からは『ハーイ、私はあなたのフレンドよ~ん』って手を振るわぁ~」
なんて、できるかーーーーっ!
   
そうだよなー、知らなきゃそうやって、平常心でいられるんだよなー。私もそうだったもん。熊がいるってのはわかっていても、会うまでは実感がない。今回たまったま無防備な状態で初めて遭遇した熊が巨大だったこともあり、しばらくはインクラインビレッジに行くたびに体が固まるんじゃないかなぁと思っています。とはいえ、夏休みももうすぐ終わりなのですが。。。
   
ということで、昨日の朝はそんなことがあったおかげで昼過ぎまで興奮して仕事が手に付きませんでした。だから夜、忙しかったのです(^^;)
   
ゆる店主ままくみ

d0080282_04192160.jpg
d0080282_04200327.jpg
d0080282_04202607.jpg
d0080282_04204864.jpg

[PR]
by MothersFreeSpirit | 2017-08-09 04:20 | ねば~だから、Hello! 店主便り