ホワイトセージの香りにのせて☆☆浄化☆セージ☆波動☆☆スピリチュアルでアットホームなネットショップ、Mother's Free Spirit の店長MamaKumiのフローな日常雑記。


by MothersFreeSpirit

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ご来店お待ちしてます!

アメリカはネバダ州カーソンシティから、北米を中心にFree Spiritな人々が手がけたSpiritualでHappyなアイテムをご紹介!
Mother's Free Spirit

kokoroathome.ocnk.net

【自己紹介】
こんにちは、MamaKumiです。
のんびり豊かなフローにのった自然体生活(スピリチュアルライフ)をする中、2008年2月、流れ流れてアメリカはネバダ州カーソンシティという町にたどり着き、大自然に囲まれた暮らしを楽しんでいます。

Mother's Free Spirit店長
コーアクティブ・コーチ
カリフォルニア州認定エサレン(R)マッサージプラクティショナー
タイマッサージ・プラクティショナー
現代レイキマスター

サンフランシスコ
旅行口コミ情報


♪当ブログは文章、写真共に「ワートマン・ひがしくみこ」に著作権があります。無断引用は一切お断りいたします。お取引先のお客様で必要がある場合は、ご連絡をいただければ、対応いたします。

ブログランキング

カテゴリ

全体
ねば~だから、Hello! 店主便り
手仕事人のつぶやき
ネバダより愛を込めて 日常編
ネバダより愛を込めて 食編
ネバダより愛を込めて 旅編
ショップより愛を込めて
スマッジング(商品関連)
ボディ・マインド・スピリット
渡米前のブログ
日々思うこと
MamaKumiって何者!?
未分類

検索

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

フォロー中のブログ

エサレンマッサージ・プラ...
TrueLight  ~...
エサレンボディワーカー ...
レムリアからクリスタルの風
saran_toya-月...
糀 料 理 研 究 室 ...

ブログジャンル

海外生活
ハンドメイド

画像一覧

ワイルドプランツ、燃えやすい?燃えづらい?燃えない!?

一通のお便りから

いつもたくさんのお客様がメールをくださいます。商品到着のご報告、商品のご感想、商品のお問い合わせ、使い方についてなどのショップと直接かかわりのあることから、個人的なご相談まで、内容はさまざまです。これらのすべてがネットショップにおける「ふれあい」だと思っているので、いつもきちんとコミュニケーションをとらせていただくように心がけています。こんな一介の個人商店主に、幸せなふれあいの機会を与えてくださるお客様に囲まれて、私は本当に幸せだと思っています。

つい先日、それまでとはとかなりトーンの違うメールがお客様から届きました。そのメールには、バンドルの火の点きの悪さが綿々と語られていました。当店から送られて行った商品から癒しではなくストレスを受け取ってしまったようです。うーむ、どうお答えしようかなぁ。。。私自身、その悲痛な気持ちのこもったメールを時間を割いて書いてくださったことに感謝の気持ちが沸きましたし、これは本気で対応しなければいけないと丹田にグイッと力を入れました。もちろん、いつでもどの方にも自分なりにきちんとした対応をさせていただいておりますが。
(ちなみにそのお客様には既に私なりの対応をさせていただいております)

私の中に沸いた気持ちは二通りです。

お客様のバンドルから受けたストレス対する申し訳ない気持ち
「燃えない」と思われてしまったプランツたちへの思い

お客様からのお便りはとても大切な学びのソースです。先方の心を察し取り、「そうか、こういうことが疑問なんだな」、とか、「こういうふうに思ってらっしゃるんだな」、という学びを得て、仕事に反映させています。私自身のスタンスとしては、疑問を持たれる多くの皆様にスマッジング用のプランツとはこういうものなんですよー、ということを誇張なくお伝えしていくのみなのですが。。。

今回は、きっとこんなふうに、同じようなストレスを感じている方もいらっしゃるに違いないということに気づかされ、それなら、プランツの燃え方などについて書こうかなと思いました。

このブログを始めてすぐくらい、まだ日本にいた頃、バンドル派の私のバンドルの使い方や、その当時使っていたプランツの燃え具合などを書いたことがあります。でも、遠い過去になってしまったそのログを読んでください、というのもなんだか間の抜けたものになるので、改めて書いてみたいと思います(^^)。


ネイティブアメリカンとワイルドプランツ

ネイティブアメリカンの人たちは、自分たちが暮らす地域に自生するワイルドプランツを聖なる植物とし、生活に役立てています。メディスンマンは薬を調合し、儀式には焚いて使い、家庭ではそれらがお茶などとして重宝されています。この大地からの贈り物を長い歴史を通して享受しています。長年の経験から得た知恵で、どのプランツがどういう役割を果たすかもよく心得ています。

スマッジングは儀式などに多く利用されています。昨年、私が地元のネイティブの人たちのお祭りを見に行ったときにも、スマッジングは行われていました。彼らにとってスマッジングは、場や人の浄化だけではなく、その立ち上る煙によって、グレートスピットとのコンタクトをはかり、必要なガイドを得る神聖な行為でもあるのです。

ネイティブの方が書いたプランツやスマッジングに関する本をいくつか持っています。それらの本にも、スマッジングの意味として浄化とグレートスピリットとのコンタクト、ということが書かれています。そして、自分自身の好みのプランツを見つけて、それと調和していくことの大切さも書かれています。人それぞれ、香りの好みは違うと思います。心にグッと来た香りは、きっとその人にとって一番の癒しの煙となるのだと思います。もちろん、たくさんの香りが好き、という方は、やはりそれらと調和をしているのだと思います。厳格にならず、自身の感覚を信じることがなによりだと思います。

ネイティブの人たちは、いろいろな方法でブランツを焚いています。焚き火の中に直にプランツを投入したり、焼いた石の上に砕いたプランツを撒いてスモークを出したり。いくつかのプランツを集めて色のついたコットンの糸で束ね、乾燥させるバンドルも彼らが利用するアイテムのひとつです。

この束ねたバンドルは点火をするのに多少のテクニックがいります。スマッジングについて書かれている本と私の経験から、バンドルの利用についてご紹介します。

まず、何より大切なのは、心を落ち着けることです。

これから行うことは、自然界との波動共鳴です。自分が、自然界の一部であることをよく理解する必要があります。自然との共鳴ですので、自分たちが身を置く物質社会のことはしばし忘れてください。

感謝の気持ちを心の中で唱えます。

グレートスピリットはいつでも必要としている人のガイドとして働いてくれます。しかしながら、感謝の気持ちがない人のところには、必要なガイドは降りてきません。常に持ち続けられれば理想ですが、とりあえずスマッジングの時にはそのことを心に留めて、聖なるものたちに感謝をしてから、点火をしてみてください。きっとこの些細な行動だけでもその後の浄化が違ってくることが理解できると思います。

バンドルに点火します。

火を付ける道具は、何でもかまいません。日本にいた頃、私はワイルドにキッチンのガスコンロで点火していました(笑)。細い火で点火しようとしても、なかなか火が定着しません。そういう意味で、マッチは向きません。チャッカマンのような柄が長くて長く火を点していられるものや、キャンドルを利用するのもいいでしょう。それから、スマッジ用のチャコールを点火して、それが定着したら、それに押し付けて、ふーふーと吹いて風を送りながら火を付けるのもひとつの手です。チャコールを利用した場合、その後、くずれてこぼれたプランツをその上に置けば、そこからまたスモークが生まれます。ただ、チャコールはかなり高温になるので、注意が必要です。

バンドルは、全体的に綺麗に焚ける場合もあれば、一部のみがぐんぐん焚けてしまう場合もあります。そのあたりはあまりこだわらず、自然の流れに任せます。もし、既に焚いたことのあるバンドルを改めて焚く場合、炭化した部分は綺麗にこそげてから点火してください。ひどく神経質になる必要はないですが、スマッジングプランツの場合、いったん燃えて炭になった部分は燃えません。

火の定着の見極めです。

炭火を扱ったことがある方ならわかるかもしれませんが、火が点くことと、火が定着することは様子が少し違います。火は定着させないと、すぐに消えてしまいます。

この定着には風が必要です。私は日本にいた頃、自分のスマッジファンを持っていたので、それで風を送って火を定着させていました。アメリカに来る際、手荷物の多さから、やむなく実家に置いてきてしまって今は手元にありません。そんな私の風を送る道具は「ふーーーっ」と吹く。つまり、口です。息を使って火を定着させることは悪いことではないので気になさらずに(^^)。もし、外が風の強い日だったら、ある程度火が点いたら外に出て、自然の風を利用するのも手です。私はこの方法もよく利用します。風の強い日は絶好のスマッジ日和でもあります(^^)。

d0080282_7115077.jpgだいたいバンドルのトップの1/3くらいが燃えたら定着とみていいと思います。定着までどれくらい時間がかかるのかというと、これはプランツにもよりますが、けっこうかかります。1分や2分では定着までいかない場合が多いです。じっくりと作業を進めてください。どうぞ、気長に、ゆったりとした気持ちで、点火する作業を楽しんでください。この作業を感謝を込めてすることで、グレートスピリットたちとより強く繋がることができるのです。

本にもこうあります(あまり上手な訳ではありませんが(汗))。

「私たちが息を吹きかけて焚き上げるスモークに祈りの気持ちを捧げるとき、私たちはその信仰と浄化を促す火と共鳴する、そしてその立ち上る空気は私たちのスピリットが意図するものをこの手に受け取ることを手伝ってくれる。吹きかけた息とともに送られたスモークは、生命の贈り物であり、スピリットの世界を喜ばせる」

一旦火が定着すると、どういうことができるかというと、もし、もうひとつバンドルを燃やしたいなぁと思った場合、既に定着しているものの火を借りて点火することができる、ということです。

アメリカに越して来る前の年、もう2年前のことになりますが、お客様で音楽関係の方とお知り合いになり、ライブハウスで行われるライブの前のスマッジングを何度かさせていただきました。音楽をなさる方はとても繊細でスピリチュアルな方もたくさんいらして、場の空気をとても大切にしておられます。私は自分自身の気分をその方々にチューンナップさせながら、舞うように場と観客の方々、そしてミュージシャンの方々の浄化をしていきました。とても楽しい思い出です(^^)。そのときの私は、やはりガスコンロを借りてひとつを点火し、定着したら、残りのものに火を移す、ということをして、いつも3本のバンドルを燃やし、それらをガシッと持ってスマッジングをしていました。


ご家庭でのスマッジング

ご家庭の空気の浄化はお掃除と同じくらい気持ちの良いものだと思います(^^)。バンドルを使った浄化の場合、火の粉が散ってカーペットなどに黒いしみが出来てしまうこともありますので、反対の手にはシェルを持って、火の粉か散らないようにしながら浄化をしてください(それをせずにバンドルだけを持って振って落とした火の粉でマッサージテーブルに穴をあけたことがあります(^^;))。

家の浄化の場合、窓は全開にするといいと本にはあります。
「すべての窓は入口であり、すべての廊下は通路になる。車は未知の世界との行き来を表す」

すべての、物質社会で享受しているものたちをも、神聖な気持ちでスマッジングをしていくことで、素晴らしいグレートスピリットとの媒体になりうるのです。

そう、物質社会。私たちは、この何もかもが自由に便利に心地よくこなせてしまうツールたちに囲まれ、知らず知らずのうちに、それが当たり前になってしまっています。レイキの世界でも、そういった「物質が私たちが本来持つ能力を退化させている、つまり、レイキは本来すべての人に備わった能力である」、などと謳っています。グレートスピリットとの交流をするときには、ぜひこのことに気づき、しばしそこから離れ、自然の一部としての自分を感じてみてください。自分の中のネイチャーに気づいて、よりそれを磨き上げていくと、不思議なことに、いろいろな自然界のものとコンタクトが取れるようになってきます(^^)。私にはいわゆる日本で言うサイキックな能力はありませんが、いろいろなものから自然界の持つ繊細なラインを通してそれらの持つエネルギーを感じ取る能力は開発されてきているかなぁと思います。石などとの交流もその一部です(^^)。

心穏やかに、ゆったりあせらず、自然が織り成す世界のルールに身を任せる。この感覚は何より大切だと思っています。


燃えやすいプランツ、燃えづらいプランツ


d0080282_7215843.jpgスマッジ用のプランツはすべてが自然の中で形成されてきたワイルドプランツたちです。栽培された植物などとは違い、形も色も雰囲気も、その時々でさまざまです。香りなども、ずっとかかわっているとわかりますが、大きな差はありませんが、時期によって微妙に違っていたりいます。

自然の産物たちの、置かれた環境に対する対応能力というのはものすごいものです。私はなんと、この一年、自分自身を通して実感しています。顕著な部分で言うと、肌質です。こちらに来たばかりの頃、湿度の低さに本当に苦労させられました。静電気はバチバチだし、肌はガサガサで、ローションなどでは間に合わず、最後には薬の世話にならなければいけないくらい、荒れ果ててどうしようもないような状態になりました。ところが、今年の私はといえば、不思議なことに、静電気が起こりづらく、少々のことでは荒れない肌になっています。1年という月日をかけて、肌がこの環境に慣れていったのです。

ワイルドプランツたちも、自分たちがこの世に発生してから、その土地に定着するにあたって、きっとそんなふうに、環境に対応する力を持つようになったのではないかと想像しています。

たとえば、ホワイトセージが自生するエリアは温暖で程よい湿度があります。セイクレッドセージ(うちの商品だとマザーズプロテクションとファイブスター)や、ピニョンなどは高温で湿度がほとんどないような土地を好みます。ホワイトセージの表面はベルベットのような感触なのですが、これは植物のもつオイルです。セイクレッドセージはホワイセージに比べて油分はぐっと低く、触ってもそれほど手にべたつきは感じません。これは私の想像でしかありませんが、セイクレッドセージたちが育つエリアは自然発火の山火事などの発生もホワイトセージのエリアにくらべて多くなる可能性があり、そういった理由から、簡単には燃えないような「体質」の葉になっているのではないかと思います。

たくさんのスマッジ用のプランツがありますが、そのどれもが個性的な働きをします。火の点き方も違えば、燃え方もそれぞれなのです。

ホワイトセージのクラスターなどに慣れている方は、バンドルは「燃えづらい」と思うでしょう。ホワイトセージのバンドルを使い慣れている方は、セイクレッドセージやジュニパーなどを「燃えづらい」と思うに違いありません。どれも同じではないので、当然のことなのです。

日本は多湿の国なので、「燃えない=湿気ている」という図式が真っ先に浮かびます。
でも、実はそればかりではなく、それぞれのプランツの性質も関係しているのです。

そういうことから、私はいつも、「湿気に関しては、あまり神経質にならないでくださいね」と言っています。

ネイティブアメリカンたちは決して慌てません。自然のすることには逆らわず、感謝の気持ちを持って受け入れながら共存しています。

神経質になることがいけないことだとは思いません。神経が細やかな方は、とても細かく気持ちの届く方だと思います。そういう方々がいらっしゃるからこそ、いろいろなものがきちんと整って暮らしやすくなっているのだと思います。

でも、事、スマッジングなどの儀式に関しては、しばしその感覚は横に置いておいて、ネイティブアメリカンの人たちが脈々と守り続けている大らかな感覚に浸ってみてもらえたらうれしいなぁと思います。スマッジバンドルはワイルドプランツの束です。燃えるための薬剤などは一切使われていません。したがって、燃え方にも差がありますし、火の定着にも時間がかかります。そして、バンドルは基本的に手に持って風を送り込みながら使うもので、お香のように置いておいて使うものではありません。すごくいい加減でのんきすぎるように響くかもしれませんが、多少点火に時間がかかっても、あるいはすぐに消えてしまったとしても、「そういうもん」くらいな余裕な気持ちでお付き合いいただけるとありがたいですし、大らかな気持ちで扱えば、プランツたちも張り切って働いてくれると思います(^^)。

しっかり鎮火をしましょう。

スマッジングが終わったら、しっかりと鎮火をしてください。その際、してはいけないことは、水をかけて消すことのみです。シェルにこすりつけたり、バンドル同士をこすりつけるなどして、しっかりと鎮火してください。

バンドルの紐は焚いていくうちにほぐれていきます。ただ、最後まで束ねておかないと、スマッジがしずらくなるので、焼けて切れて垂れ下がってきたら、それを下の方でくるくるっと巻いてあげるといいと思います。最後の最後、もう手に持てない状態になったら、チャコールを使ってシェルなどの上で焚いていくといいと思います。

参考:Plants of Power ( Alfred Savinelli)
Sacred Smoke (Harvest McCampbell)
[PR]
by MothersFreeSpirit | 2009-04-08 14:27 | スマッジング(商品関連)