ホワイトセージの香りにのせて☆☆浄化☆セージ☆波動☆☆スピリチュアルでアットホームなネットショップ、Mother's Free Spirit の店長MamaKumiのフローな日常雑記。


by MothersFreeSpirit

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ご来店お待ちしてます!

アメリカはネバダ州カーソンシティから、北米を中心にFree Spiritな人々が手がけたSpiritualでHappyなアイテムをご紹介!
Mother's Free Spirit

kokoroathome.ocnk.net

【自己紹介】
こんにちは、MamaKumiです。
のんびり豊かなフローにのった自然体生活(スピリチュアルライフ)をする中、2008年2月、流れ流れてアメリカはネバダ州カーソンシティという町にたどり着き、大自然に囲まれた暮らしを楽しんでいます。

Mother's Free Spirit店長
コーアクティブ・コーチ
カリフォルニア州認定エサレン(R)マッサージプラクティショナー
タイマッサージ・プラクティショナー
現代レイキマスター

サンフランシスコ
旅行口コミ情報


♪当ブログは文章、写真共に「ワートマン・ひがしくみこ」に著作権があります。無断引用は一切お断りいたします。お取引先のお客様で必要がある場合は、ご連絡をいただければ、対応いたします。

ブログランキング

カテゴリ

全体
ねば~だから、Hello! 店主便り
手仕事人のつぶやき
ネバダより愛を込めて 日常編
ネバダより愛を込めて 食編
ネバダより愛を込めて 旅編
ショップより愛を込めて
スマッジング(商品関連)
ボディ・マインド・スピリット
渡米前のブログ
日々思うこと
MamaKumiって何者!?
未分類

検索

ブログパーツ

記事ランキング

ファン

フォロー中のブログ

エサレンマッサージ・プラ...
TrueLight  ~...
エサレンボディワーカー ...
レムリアからクリスタルの風
saran_toya-月...
糀 料 理 研 究 室 ...

ブログジャンル

海外生活
ハンドメイド

画像一覧

カテゴリ:渡米前のブログ( 20 )

いよいよ日本で最後の大仕事、です(^^)

すっかりご無沙汰してしまいました。

実はタイに行く前に書いたのですが、誤って消してしまい、書き直す気力が出ぬまま、タイに飛びました。で、昨日の早朝、無事に帰って来ました。

タイのチェンマイに滞在していたのですが、そこはまるで日本の昭和30年代がよみがえったかのような、まるでノスタルジックな町でした。30年代、というのはあくまでもイメージですが、私の記憶のかなり奥の方の時代の空気を感じたので、そう例えてみました。

写真もたくさん撮りました。それから、もちろん、マッサージスクールに通ったので、それも含めて書きたいことは山ほどあります。

ただ、残念ながら、今はそれらをゆっくりと書く時間が取れないので、渡米後に少しずつ書いていこうかなぁと考えています。楽しみにお待ちくださいね(^^)。

さてさて、日本での生活もあと本当にわずかになってしまいました。
明日から3日間、そして、11日はエサレンマッサージのセッションをさせていただきます。私のボディワークのサイトの更新を怠っているため情報が少しずれてしまいますが、お陰さまで、サイトに掲載した日程に関してはすべてご予約をいただくことができました。どうもありがとうございます。

12日はショップのお客様たちと西東京の竹炭の工房にお邪魔して、お香作りを楽しんできます。天然素材のみを使った手作りのお香にはとても興味を持っているので、今からワクワクしています。

13日は逗子のWai-Olaという素敵なエサレンボディワークのサロンをお借りして、お友達と食事会をする予定です。サロンの主は私の大切なエサレンのお友達。なんとかひとりでも多くのお友達と出国前に会えないかなぁと考え、場所をお借りした次第です。神奈川県方面にはボディワーカー仲間を中心に、何人ものお友達がいます。

14~15日は必要な雑務をこなします。できたら15日に都内で開催される「うさと」の展示会にも行けたらなぁと思っています。チェンマイで、うさとのデザイナーのうさぶろうさんにお目にかかり、もともとうさとの服は大好きだったのですが、今まで以上にファンになってしまいました。なんとか時間を取って、たくさん並ぶ優しい服たちを眺めることができたらなぁと思っています。はい、今回はチェンマイでの大散財のあとなので、眺めるだけです(苦笑)。

そしていよいよ、16日には出国です。

渡米後、なるべく早く、ネットショップを再開したいと思っています。ホールセール(卸売り)にも力を入れていきたいと思っていますし、今度は直接出向いて買い付けることもしますので(昨年はビザの手続きの関係で渡米することができませんでした)、ぜひ、ご期待ください!

ボディワークに関しては、居住地になるネバダ州でのライセンス取得を目指そうかと思います。アメリカのカレッジには、1年以上住むなど一定の居住条件が整うと安く教育を受けられるシステムがあります。なので、目標達成までには時間を要するとは思いますが、頑張ってゲットしたいと思っています。いくつになっても目標を持つことはいいことです(^^)。

ということで、今しばらくブログものんびりペースになってしまいますが、ぽつぽつと書いていきますので、ぜひ楽しみにしていてくださいね。
[PR]
by MothersFreeSpirit | 2008-02-07 00:52 | 渡米前のブログ

ひさびさのチャット

最近私もバタバタしているし、夫スティーブもずっと成績付けだのなんだので忙しかったので(彼は小学校の先生)、一週間に一度もチャットをしていなかったのですが、今日、ひっさしぶりにチャットを楽しみました。

今日は主に、2月に私がサンフランシスコに到着してからの一週間をどう過ごそうか、なんてことを話しました。私が行く2月16日は彼の冬の中間休みの初日です。一週間休みがあるので、そのうちの数日をかけて、あっちふらふらこっちふらふらしながら家に帰ろうかぁということになりました。

私がボディワークを学んだエサレン研究所に寄る、というのはもうお約束で、向こうの友人もしっかりてぐすね引いて待っててくれているのですが、そのあとのことは何にも考えていませんでした。

エサレン研究所はサンフランシスコの南の方のビッグサーという町にあり、うちはサンフランシスコより北東で逆方向だから、エサレンに行ったついでに南に行ってもいいかなぁとも思ったのですが、だいたいにしてロスにうんざりして田舎に引っ込んだスティーブがロスの観光を喜ぶわけもなく、できたら私たちらしく、自然を満喫する旅の方がいいよねーって話しているうちに、それなら北に行くのがいいかも、なんてことになりまして、結局、とりあえず、シャスタ山かその上のオレゴンに入ったアッシュランドくらいまで行けたら行ってみようかねー、ということになりました。シャスタ山は日本のスピ系の人たちには有名な場所ですね(^^)。アッシュランドはアーティストたちが集まるような町だそうです。

急ぐ旅でもないし、そんなに豪勢なことも考えていないのですが、彼は買ったばかりのデジタル一眼(日本のEOS Kissと同じ機種)で写真を撮って歩くのをとても楽しみにしているので、北上で話が一致したのは良かったのではないかと思っています。

どこへ行こうが私にとっては新鮮な場所ばかりなので、今からワクワクです0(^-^)o

d0080282_16341550.jpg
この写真は私がこれから住む住宅地を丘の上から撮ったものだそうです。朝焼けの風景です。

ちなみに、Google Earthをお持ちの方、「Desert Drive, Carson City, NV」と入れてジャンプすると、家の前に青っぽい車が停まっている住宅に飛ぶと思います。逆Lみたいな家。それがうちです(^^)。ズームアウトすると、なぁんでこんなに土地のたぁ~っぷりあるところに群れて住宅が建ってるかねー、と、思うでしょう(笑)。
[PR]
by MothersFreeSpirit | 2007-12-21 16:45 | 渡米前のブログ

楽しい地方巡業(笑)

私のアメリカ行きのビザの手続きが長引くと知り、それでは、いる間にできるだけ楽しいことをしよう、たくさんの人と触れ合おう、と、はじめたすぴこんへの出展。初参加がゴールデンウィークに2日間連続で東京、そして6月に熊本。想像以上に楽しかったので、どんどん気持ちが盛り上がり、遂には夏の4週連続興行(笑)。8月最後の日曜日の東京を皮切りに、翌日曜日には神戸、その次の日曜は千葉、その次は横浜と、飛ばしてまいりました。そしてつい先だっての日曜日には初の北への出展、仙台に行ってまいりました。

ホワイトセージのクラスターの量り売りは本当に人気で、お手伝いしてくれる友人のアドバイスで50gと100gのサンプル袋をぶら下げてみたり、量りながら目の前のお客様にプランツについての多少の知識を伝授して差し上げるなど私の売り向上も上手になり、どんどん店として進化してくるにつけ、楽しさは増してきました。「次はいつ参加されますか?」「次回またここに来られますか?」という問いをいただくと、ますますやる気も沸いてきて、「ああ、私は本当にこの仕事が好きなんだなぁ」と心から実感します。こんなふうに、たくさんのお客様と触れ合うことで、私のプランツへの愛をみなさんにお伝えすることができるのは本当に嬉しいことです。

もちろん、プランツだけではなく、私がお店に並べているものは、すべて、自分が気に入り、納得して仕入れたものばかりです。どれもこれも、かわいい子供たち、なのです。

さて、北は仙台、南は熊本と、思っていた以上に広い範囲で仕事をさせていただき、私はもうひとつの望みもかなえてしまいました。それは、「出張をする」ことです。それまで、仕事で近場、せいぜい50キロ圏内程度を移動するようなことはありましたが、鉄道などの交通機関を用いて、遠くにある場所に移動し、そこで仕事をするという、いわゆる出張と呼べるような仕事をしたことはありませんでした。私にとって「出張」という響きはなかなか甘美なものでした。大抵の人は「仕事で遠出したって観光する時間があるわけでもなし、楽しいことはひとつもない」などといいますが、それでも、遠出ができる、というだけで私にとってはワクワクの種になります。

私が「自分なりの人生を生きる」、ということに気づいたのは十代の後半くらいからですが、若さゆえにのんびり構えている部分もたくさんありました。それが二十代も終わる時期になり、このまま私の人生が過ぎてしまうのは忍びない、もっと自分らしく生きる方法を見つけないと、と、ライターの学校に通うようになってから、私の生きることに対する感覚が一転しました。それまでは、自分の人生を生ききっている人を見るのが好きで、例えば高校生の頃には桐島洋子さんの本を読み漁りましたし、うらやましいと思える人生の覗き見ばかりをしていて、自分が動くことができなかったのですが、その頃から、もがいてもがいて自分がかぶっていた重い鎧を脱ぎ始めたのです。一旦、コツを掴む、というか、自分の人生の責任を持つ、ということを引き受けると、あとはとても楽になり、それ以来、私の中にはこんな言葉が存在しています。

「羨ましかったら、すればいい」

人も羨む暮らしをしている人は五万といます。人それぞれ、うらやましいと思うものは違うにしても、普通の生活をしている普通の私たちにとって、世の中の表舞台の人たちは多かれ少なかれ羨ましい人たちです。表舞台、といっても、テレビなどのメディアでの露出を指すわけではありません。自分を知り、自分のするべきことを知り、その人生をまっとうしようと渾身の力で生きている人たちすべてが、私にとっては“表舞台”にいる人たちなのです。

なんだか随分と大仰になってきてしまいましたが(^^;)、つまりここでは、出張をしたことのない私にとって、出張するようなアクティブな働き方をしている方たちは羨ましく格好良い存在でして、人に雇われている身ではなかなかままならないものも、自分で商売をしている身なら、その気になれば作れるものだという気持ちから、私の持ち前の「羨ましかったら、すればいい」の精神が働いた、というわけです。

一旦動き始めると、面白い具合に流れはできてくるもので、熊本すぴこんと仙台すぴこんはお客様のヘルプをいただき、神戸すぴこんはエサレンフレンドのヘルプにより、実現していった、私の幸せな「出張」は実現しました。11月には京都すぴこんにもお客様のお手伝いにより出展することになっていますし、その合間に熊本や大阪ではエサレンマッサージのセッションをさせていただく機会も得ました。長い間思い続けていた「出張」したい気持ちがここに来て、一気に開花したのです。

いろいろな地域に出向くと、地域性にも直接触れることができます。これがまた素晴らしい体験になるのです。生まれてこのかた、首都圏以外で暮らしたことのない私にとって、日本は小さく狭く多様性のない国ではないことを学ぶチャンスをいただいたように思います。日本は広く、文化も人も幅広く豊かで多様性に満ちている。狭い地域だけの知識で「日本人は」などと言い切れないなぁと痛感しています。テレビや本などからの知識では計り知れない豊かさを体験を通して感じています。なぁんて、少し大仰ですが、でも、人と触れ合うこと、地域の空気をじかに感じることは本当に素晴らしいことだなぁと思うのでした。

出張万歳!(^^)
d0080282_1285531.jpg

[PR]
by MothersFreeSpirit | 2007-10-10 12:03 | 渡米前のブログ

ダイナミックなフローに乗って

アメリカが法律を改正し、私と夫スティーブのビザの手続きが日本でできなくなり、それに従って私の国内待機期間が延びた、という、表面的には残念な事実がこんなにも私の人生を彩ってくれることになるとは思ってもみませんでした。

本来の予定だと、4月にはビザが取れ、5月末をめどにアメリカに移住、という流れでした。ところが、9月も終わろうという今現在、私のビザの手続きは、やっと山の中腹を少し越えた、程度の進行具合です。アメリカでは今でも移住を希望する人、不法滞在をする人が後をたたないので、そういった作業にはことさら時間がかかるようなのです。

でも、そこはのんきに前向きな私のこと、どれだけあるかわからない私の日本での待機期間を“国内での余命”と冗談めきながら、“いつ亡くなるかわからないけれど少なくとも元気な心身を持っている私”の今したいこと、今しかできないこと、今しておくべきことをしようじゃないの、と心にインプットしたとたん、いろいろなことが起こりました。正確には、自分からの動きがあってこそなので、起こった、というよりは、起こした、という方が近いのですが。。。

例えば、5月の末に、ひょんなきっかけからライブでスマッジングをさせていただくことになり、この夏は合計3回もライブでのスマッジングを楽しませていただきました。これは最初のライブに係わっていた方がたまたまうちのお客様で、私の出しているメルマガに対して送っていただいた返信に記されていた社名のようなものを私が検索してライブを知り、お返事を差し上げる際にそのことに触れ、ライブを観にいこうかなぁ、ということを言ったのがきっかけとなりました。その後、今度はその時のミュージシャンの方が私のスマッジングを気に入ってくださり、次のオファーをいただき、そしてまた、その次という具合で流れていきました。この出会いのサークルでは、別の出会いもあり、今まで触れ合ったことのない世界の方々との交友を広めるきっかけにもなりました。

せっかく日本にいるのだから、Mother’s Free Spiritの商品を手にしていただき、お客様とのふれあいを持てたら、ということで参加を決意したすぴこん。最初は実はドキドキでした。というのも、いろいろな人から「あそこはいろんなエネルギーが混ざり合っててエネルギー当たりするから気をつけた方がいい」とか「怪しい人たちがたくさんいるから止めた方がいい」などなど、リサーチの結果は散々な評価でしたから。これはエサレン®マッサージの仕事を始めた当初にこういうイベントを通してアピールしていけたらと思いリサーチした際に返ってきた言葉です。でも、考えてみたら、自分で体験して、そういう感想を得たわけではなく、それらはあくまでも他人の評価です。どんなことでもまずはやってみようという精神に長けている私は、エサレンのプラクティショナーとして踏み出せなかった最初の一歩をMother’s Free Spiritのオーナーとして踏み出しました。そう、“余命いくばくもない”と思えばなんでもできる!

結果は大成功。初めての出展はゴールデンウィークの東京でしたが、何がなんだかわからないながらも、少しずつ慣れていき、たくさんの方とお話をし、たくさんの方にご購入いただき、たくさん笑って過ごした2日間は「またやりたい」という気持ちをわき起こしてくれました。

日本から離れてしまったら、もしかすると遠方(熊本)にいる高齢のおじやおばに会えないまま永遠の別れになってしまうかもしれない、ということがふっと思い浮かんだのは、初めてのすぴこんを終えた直後です。15年前に亡くなった父とは感情的に絡み合えないものがありながら、最後には愛を持ってお別れをすることはできたものの、遠方ということもあり父方の親族とはずっと疎遠でいました。それがここに来て、なんだか急に「行かなくては」という気持ちになりました。

ふと、すぴこんのスケジュールを見ると、熊本すぴこんが開催されるではありませんか!うまい具合にショップのお客様でエサレン®マッサージのDVDをご購入いただき、何度か気持ちの良いメールのやりとりをさせていただいた方が熊本にいらっしゃいました。私はダメモトでお手伝いをお願いしたら、二つ返事でOKをしてくださいました。更にうまい具合にANAが少ないマイルで国内線のチケットを取れるキャンペーンを延長したことで、自分が持っている本来なら役に立たない数だけのマイルが利用できることになり交通費も節約できました。偶然その時期に福岡からわざわざ東京まで来て私のセッションを受けたいとメールをくださった方がいらして、結局は熊本すぴこんをお手伝いしてくださる方がお持ちのサロンをお借りして熊本でセッションをして差し上げる、というおまけまでついて、30年ぶりで訪れた熊本では親族との絆を再確認したり、他人である私に対して熱心にお世話をしてくださる熊本の方の温かさに触れたり、福岡からいらした希望溢れるエネルギーをお持ちのクライアントさんと語らったり、すぴこんでの新しい出会いもたくさんあり、ありがたく、感謝の心を学ぶいい機会にもなりました。この成功と幸福感がきっかけとなり、できる限り多くの場所ですぴこんに参加したいという気持ちが湧き上がってきました。また、外部でセッションをするのもいいものだなぁということを実感しました。

随分前から「遊びにおいで」と言っていただいていた新潟でアロマアートスペースを主宰している友人宅を急に訪問したくなり、出向いたのが8月。決めてから2週間かそこいらの突然の訪問にもかかわらず、その友人だけではなくサロンのスタッフの方々からも歓迎していただき、頼まれて持参したペンジュラムやヒーリングストーンをご購入いただき、エサレンのセッションまでさせていただき、充実した3日間を過ごしました。その友人とは、連日深夜までいろいろなことを話しました。近頃思うことや感じることなどホンネの部分での会話ができたお陰で、自分の中にある整理し切れていないもの、しっくりきていない部分などがすーっと解決していくのを感じました。

2年半前に長野県の女神山で行われたエサレン講師マリア・ルシアの「スピリチュアルタッチ」のクラスで知り合い、かといってさほど深い交流も持たずにいた私と彼女ですが、付き合いの時間や外見的な親密度は関係ないほどに強い絆を感じました。これはお互いがもっている感覚で、彼女とのように、もたれあうこともなく、淡々と、でも親密で意味がある、大人の人間関係を持てる人はなかなか見つかりません。

元々旅好きな私、出不精でもありながら、エンジンがかかるとフットワークも軽くなる私は勢いに乗り、8月26日の東京を皮切りに、神戸、千葉、そしてあさっての横浜と、毎週日曜日に連続して出展することになり、また、来月には仙台が確定し、その次の月には京都でも出展の話が進んでいます。更に、熊本でお世話をしてくださった方のサロンで11月にエサレン®マッサージのセッションをする話も進んでいますし、渡米前に海外逃亡をしちゃう計画も考えています(^^)。

もし、私のビザが予定通りに取れて、既に渡米をしていたらできなかった経験をたくさんしています。そして、この経験がなんとも楽しいこと!

よく、スピリチュアル系の方たちは「すべてのことに意味がある」などと言いますが、今回の一連は、2つの仕事を持ち、その仕事を渡米後も継続していく意志のある私にとって、とても意味のあることだったに違いないと感じています。

風はじっとしていてはおこらない
だから動こう
風はじっとしていてもおこらない
一度吹いたらあとは乗るだけ

それが私のフローです。どう流れようと、すべてはいい経験で、すべてが血となり肉となるのです。それを実感する春から夏でした。
[PR]
by MothersFreeSpirit | 2007-09-14 11:11 | 渡米前のブログ

興味につられて。。。

d0080282_23359.jpgウォーターセラピーなるものを体験してきました。

きっかけは、たまたま13の月の暦の本を探してて、「宇宙の暦は13カ月」というタイトルの本を見つけて面白そうだなぁと思い、でもって、ついつい書く仕事をしていたときからの習慣でもって、「どんな人が書いてるんだろう」などという好奇心とともに作者を検索で調べたりしたら、その方がこんなこともしていたのでした(^^)。

体中の波動をチェックしてもらって自分だけの波動水を作ってもらって30分のセッションで4,200円というので、そんなに高いお遊びではなさそうだと思って予約を入れました。実際には50分くらい滞在してました。とても親切でいい方でした(^^)。

オーラ写真にはとんと興味のない私ですが(苦笑)、こっちはもう少し大人っぽいかなぁ、なんて(^^)。

詳しくはここです。
http://www.kulika.com/index.php?page=ba_hado

で、自分だけの波動水を持って帰ってまいりました。500mlの波動水なのですが、希釈して使えるそうです。5mlを500mlの軟水に入れてコピーを作るのだそうです。そのコピーを一日2回程度、400~500ml飲むだけ。

私の体の波動測定の結果ですが、肉体面は良好そのもの、精神面でいくつかのネガティブな可能性(潜在的に抱えているもの)が数値的に見られるものの、その程度のことで、一般の人より数段良いそうです(^^)。で、私の波動水はそのネガティブなものなどに対応するらしいです。最近ものすごく仕事に燃えているので、そういう点で心強くなればよいなと思います(^^)。

これ、簡単に言えば、機械を使ったOリングテスト、みたいなものです。自分の体の中にある情報を波動を通して集積するのです。変な例えですが、血圧なども計るたびに微妙に違うものですが、それと同じで身体からの情報というのは、常に一定なものではないので、あてにはなるけれど、その結果が絶対というわけではないのです。だからこれは、単なるお楽しみ(^^)。でも、こういうものを通して自分を知るというのもなかなか興味深い!

とりあえず、どんな変化が訪れるのか、楽しみにしながら、毎日自分だけの波動水を飲んでみようと思います(^^)。

明日は「倍音ワーク」です。そして来週はアクティブメディテーション。一日完結ものがマイブームの今日この頃です(笑)。
[PR]
by MothersFreeSpirit | 2007-08-07 23:09 | 渡米前のブログ

癒しフェアでレイキヒーラーしてました

d0080282_21454311.jpg一昨日、昨日と、東京ビッグサイトで開催された癒しフェアに参加してきました。NPO現代レイキの会のブースでレイキヒーラーとしてレイキを用いたチャクラヒーリングをさせていただいたのです。ボランティア参加でしたが、なんであれ、ヒーリングは大好きなので楽しい経験でした。それから、癒しフェア自体初めて足を運んだので、いろいろと参考になりました。

内容的には、一般的な企業の見本市として考えられるようなブース、例えば、オーガニックのビールやワイン、身体に優しいベッドや環境に優しい洗剤などの宣伝販売から、すぴこんなどのスピリチュアル系イベントで見られるような天然石の販売やヒーリング、占いやボディワークなど、それから、アースデーなどのイベントで見られるような環境保護や動物保護、第三国への支援活動などをするような団体のブースと、大きく分けて3つの要素が混ざり合っていたように感じました。「女性のための癒し」をテーマにしているイベントだそうですが、一般の人に対するアピールはどんな感じだったのかなぁと、多少、運営サイドという立場からの興味がわきました。もちろん、私は運営する側ではありませんが、ボディワークでも物販にしてもサービスを提供する立場にいるので、やはり顧客満足ははずせない要素。利用する立場にたって考えようとするのは当然の習慣です。

この2日間で、何人かのお友達やクライアントさんたちが私のいるブースに顔を出してくれました。2日めに来てくれたクライアントさんが鏡リュウジの講演の整理券 を私の分まで取ってくれたので、少し遅れましたが、楽しく聴くことができました。以前トランスパーソナル学会で鏡さんのセミナーがあったときに参加できなかったので、かなりうれしかったです。別にファンではありませんが、どんな話をするのかなぁと興味があったもので。

ヒーリングは一日目に5人、翌日には4人の計9名様にさせていただきました。たったの15分、椅子に座っていただいてする簡単なもので2000円 ~3000円の価格はちょっと高めだなぁと思ったのですが、それでも延べ150人程のお客様がいたそうで、良かったのではないかと思います。

ヒーリングをしていく中で、様々な気づきもありました。お客様との温かいふれあいや、ありがたいフィードバックもありました。会うべくして会う、なんてことを思うこともありますが、お互いに既視感を強く感じるクライアントさんもいたりして、興味深い経験になりました。

レイキヒーリングというのは、アチューンメントというチューニングの儀式をしてもらえばその日からすぐにヒーリングができるということで、とてもお手軽なもののように考えられていますが、どんなものもそうですが、一朝一夕に素晴らしいヒーラーになれるわけではありません。やはり日ごろの鍛錬は大切ですし、ヒーラーとしての地に足のついたぶれない心構えを育てることも大切です。最近、自己ヒーリング(それは私にとって瞑想でもあります)もおろそかになりがちだった私ですが、今回の参加を通して、日々積んでいくことがいかに重要であるかということを心にぐっと納めて参りました。私のヒーリングを素晴らしいと言ってくださったクライアントの皆様、本当にありがとうございます。もっともっと、良いヒーラー目指し、謙虚に頑張りたいと思います(^^)/

さて、2日めはヒーリングのお仕事ばかりではなく、ローテーションの関係でまとまって取れる空き時間に目一杯会場を楽しみました。すぴこんに出展していると、どうしても忙しさで自分のブースに張り付きになってしまうので周りを見て歩くことはできないのですが、今回はゆっくり見回すこともできてよかったで す。

先ほど書いた鏡さんのお話もそうですが、もう2つ、楽しみました。ワンコインで体験できる小顔整体とヘナを使ったボディアートです。小顔の方は、 自分もボディワーカーなので、興味深々でした。たいした力も入れずに筋肉の流れに手を沿わせるだけでリフトアップしていく様子には興味を引きました。2年ほど前に習ったキネシオロジーを思い浮かべました。あれも、さらりと経絡や筋肉をなぞるだけで変化させてしまうものなんですよね。

ヘナのボディアートは本当にうっとりでした。京都からいらしたそうで、東京出店の話ももちかけられているらしいのですが、まだ検討中とのことでした。どっかで見たなぁと思ったら、私が売っているYOGA系CDのジャケット写真の足に施してあるペイントと同じものでした。

丁度、来週は成田セッションもあるし、5日の晩には青山蜂でのライブで「東京シャンバラナイツ」付きスマッジングパフォーマーとして参加する予定なので、豪勢にペイントしてもらいました(写真)。ヘナを使って皮膚にその色素をしみこませる技法だそうで、2週間くらいで消えてなくなってしまうそうです。タトゥーにはとんと興味がないので すが、これは本当に素敵で、しかも2週間で消えるから飽きてしまう心配もなしです(笑)。
指先から手の甲が濃い目に出て、腕はそうでもないようなことを言っていましたが、今日、かぶっているヘナをはがしてみてみたら、本当にそうでした。これで3000円。安いお楽しみだと思います(^^)。 うれしいのは、9月に神戸すぴこんに参加するのですが、その時にその方々も出展するらしい、ということです。でも、もしかすると、その前日に京都のそのサロンにうかがって、翌日のすぴこん用にペイントしていただくかもしれません(^^)。すごく楽しみです。

こんなふうに、イベントに出るたびに、いんな意味で世界が広がるのは本当に楽しいことです。

来週の成田セッション、初日の午前9時半と、最終日の月曜午後1時からのみ、まだご予約可能です。よろしくー(^^)/
[PR]
by MothersFreeSpirit | 2007-07-30 21:46 | 渡米前のブログ

ライブでスマッジング

d0080282_20333525.jpg先週末、代官山「晴れたら空に豆まいて」で行われたシャンバラナイトというライブにスマッジングで参加してきました。ゆるーく、でもかなりトリップしながらスマッジングを楽しませていただきました。ライブもすごかった。ハコも前回のスマッジングデビューの時よりおしゃれで、さっすが「だいかんやっまぁ~」って感じでした(笑)。

今回は2度めのスマッジングパフォーマンスということで、不安も特になく、本当に、自分の世界
にどっぷりでいけました。ライブ全体のイントロだけでなく、トリを取ったma-onというバンドの音が始まるのと同時にスモークを使って場の高揚に勤めます。ディジュリドゥやギター、ドラムなどの音に絡めて鯨の鳴き声など自然界から拾った効果音が響きます。とても幻想的な空間と化したホール。そこに、ゆるゆると、3本のスマッジバンドルとタートルのスマッジファンを使って会場にスモークを張り巡らします。その時の私の感覚は、スピリットと共に喜びのダンスをしているような感じでした。といっても、何かを意図することはなく、ただ、流れに任せて行きたいと思う場所を練り歩きながらステージに向かい、喜びに溢れたスピリットたちとともにステージの前で昇華し、高揚感とともに下座へと戻って行きます。右手に長いバッドランドセージのバンドルとファン、左手にホワイトセージセイクレッドセージをがっしりと握り締め、それらをくるくると回したり解き放つような動きをしたりしながらスマッジングをしていきました。イントロでのスマッジングよりもこちらの方が私的にパワフルな儀式となりました。

d0080282_20343331.jpg ライブはバラエティに富んでいたものの、一体感は十分で、私としては、もっとみんなが音に酔って、身体の奥からの呼応を素直に発散してくれたらよかったかなぁ、なんて思いはしましたが、ここは日本です(笑)。もちろん、私は踊ってましたとも!

人の身体は音に呼応します。身体の奥に眠る自分だけの究極の存在(そうです、頭の上の上にいるんじゃないんですよー、それはあなたの腹の奥にでんと構えているのです!)、人それぞれ、それを神とも、真我とも、核とも、コアとも、はたまたハイヤーセルフとも呼んだりしますが、その自分の中心に凛として存在するものがじわじわと反応してくる、それに抗うことなく従う、つまり、自分の中から湧き出る感覚で動くことはそれだけでいい瞑想にもなるのです。人に見せるダンスはプロに任せて、私たちはどんどん自分の不必要な感情や感覚を解き放ち、身体を感じるダンスをする必要があると常々思っているだけに、ライブでゆるゆると踊ることは本当に至福のひとことです。これについては、ボディワークの方のブログに詳しく書きましょう(^^)。

d0080282_20352065.jpg話をライブに戻します。今回のラインナップはこんな感じでした。まずはEri Bill Orchestraの子宮に訴えかける音に身体が目覚め、牧歌的サウンドを提供してくれるUcocaの素直でハリのある歌声からやわらかいエネルギーをもらい、Maruさんという役者さんのひとり芝居でひと笑いしたのち、ma-onで昇華した。。。そんな感じかな。

ヒーリングと占いで参加していたsunha sun unimondyちゃんにはいつかチャネリングしてもらおう。彼女はイントロのスマッジングで一緒に、ゆるーくパフォーマンスしてくれていました。とっても素敵な女性です。渋谷などで活動をしているそうです。

d0080282_20364196.jpgライブが終わったあと、何人かの方が私のところに来てくれて、スマッジングが素晴らしかったとか、プランツに興味を持ったなど、いろいろな感想を述べてくれました。また、ミュージシャンの方々からも「スマッジングのお陰でライブ中に一体感を感じることができた」とか「MamaKumiさんがスマッジングしてくれると本当に(場の)空気が息をし始める感じがあってうれしくなる」など、ありがたい言葉をいただいて、流れでこういうことをするようになったけれど、本当にこれは私にとって必要なことであり、必要とする人たちがいるということを実感しました。プランツを愛し、大好きがゆえに販売にまで手を染めた私としては(笑)、これほどうれしいことはありません。香りも体験することで理解が深まります。ウェブショップで香りをお届けすることができないのは本当に残念ですが、せめて私のこのようなつたないレポートなどから感じ取っていただけたらうれしいなぁと思います。

d0080282_2038387.jpgさて、興が乗ってきました。実は8月5日に青山で行われる納涼ライブでのスマッジングを急遽依頼されたのですが、残念ながらその日は千葉県成田市でエサレン®マッサージの体験会というレギュラーのイベントが入っています。一応、駆け込みで参加できるよう、調整中ですが、まだどうなるかはわかっていません。もし、参加が確定したら、また告知しますね!

あと、こんなことできるのも日本にいる間だけ(一時帰国中もできるにしても)。どうぞ、スマッジングが必要な方、お声をおかけください。MamaKumiがフルセット持って参上いたします!(笑)

写真1:ライブで使用したスマッジファンとバンドル(一部)
写真2:Eri Bill Orchestra
写真3:Ucoca
写真4:Maruさんの一人芝居
写真5:ma-on
[PR]
by MothersFreeSpirit | 2007-07-24 20:41 | 渡米前のブログ

若かったり婆だったりでプラマイゼロな話とクラムチャウダー

d0080282_23272646.jpg昨日は代々木公園のEarth Gardenというイベント会場に行きました。次回7/21に私がスマッジングをさせていただくライブ「シャンバラナイト」のミュージシャンの方と会って、出来立てほやほやのフライヤーを貰い、軽く打ち合わせをするのが第一の目的でしたが、その彼らと会場をゆるゆる会場と見て歩きました。エコやベジ生活を訴えるブース、第三国の子供たちが作った品物を売るブースや動物実験反対などの社会活動をする団体のブースに混じって、民族系の服飾や小物や楽器などを売る店など、さまざまなブースがあり、飽きません。スマッジング関係の商品を売っている店がテナントを出してました。いい香りでした。私も最近はすぴこんにばしばし出展しているけれど、空気的にはこっちのが私には合ってるかな。ナチュラルライフのひとつの楽しみという方向性でスマッジングを世に広めていきたいというのが私の一番の思いです。

d0080282_23292125.jpg会場では、前回スマッジングをさせていただいた満潮ラウンジというライブを企画したマイミクさんにも会いました。ミュージシャンの人たちも、みんな仲間で繋がっています。自由に自分たちの主義主張を持って、堂々と生きている若者を見るのは好きです。気負いのなさがなんだか今の私にもしっくりきます。そんな彼らから独特のエネルギーをいただき、そのまま大井町へ。今度はワークショップランドの龍玄さんプレゼンツ、アクティブメディテーションです。

d0080282_23305965.jpg久々に身体ばりばり動かしました。やっぱいいわ。単なるダンスではなく、身体の奥の奥に潜む何かと対話し解放するような、そんな感じのムーブメントです。踊った踊った、叫んだ叫んだ、笑った笑った、泣いた泣いた。うん。いろいろ。これは近々ブログに詳しく書く予定。

で、今日。3年ぶりにコンタクトを作りに行ってきました。ふつーのソフトコンタクトを3年も使ってしまう私もどうかなぁな感じですが、だいたい私レベル(どんなレベルや)の庶民は曇ってきてから始めて「しゃーない、買い換えるかぁ」となるわけです。今回は贅沢に(笑)、ワンデーにしてみました。2か月ほど前にめがねを新調したもので、日常的にはライター時代の私のように、めがねで暮らしています。コンタクトにするのは、セッションをする時とあと何か、その方がいいかなぁというとき。昔はめがねばかり掛けていて、「素顔が似合わない」とまで言われたくらいの私です(笑)。今はメガネも素顔もどちらも自分(^^)。

3年前に、ほんの少し旅に出た時期があって、その時にはやはりワンデーを購入しました。その時のコンタクトの数値(なんていうんだろう、度数を表す数値)が-6.50と-6.00でした。で、今回、測定をしたあとに-6.00を両眼に入れたらなんだかぼわんとして気持ちが悪い。で、視力検査をしたところ、両眼-5.50で十分とのこと。数字が小さいほど、度が低いのだそうです。

それって、視力が良くなったってことぢゃん!

私「あのー、これって、老眼が視力を押し上げたってことでしょうかねー」
店「まあ、そうなりますねぇ~、はい~(笑)」←なぜ笑う、店員のおっさん(--#;

前に、屈折率が合うと視力が上がり、屈折率が違ってその症状が出ると遠近両用になるって聞いたことがあるんだけど。。。
ってことは、私の場合、マレだと言われている屈折率が合ったってことなのかしら!だって、2年くらい前にたったの一度だけ、いつもの位置に持ってきたものの細かい字が見えずに手を遠ざけたら焦点が合った、というドッキリな経験をしたっきり、同じ現象は一度もなく。。。

目が良くなるのとそれがなんの関係があるのかわかりませんが、真っ先に湧き上がった感情は。。。

「若くなった!」

でした(笑)。
ともあれ、今その-5.50のレンズが入っていて、快適です(^^)。

そして、今夜は昨日大井町に向かう途中で乗り換えた品川駅の構内のアンデルセンで買ったまあるい形のフランスパンを器にして、クラムチャウダーです。たまたまアンデルセンを見つけ、そうだ、明日のパンを買っておこうかなと思って入ったところ、丁度そのパンが焼き立てで出てきました。その香りの良いこと! それを見たときに、ふと、エサレン研究所への行きか帰りかに必ず寄るモンとレーという小さい町のシーフードのレストランで食べるクラムチャウダーを思い出しました。でっかくて丸いパンをくり抜いた中には溢れんばかりのクラムチャウダーがたっぷりと! とても食べきれるサイズではなく、また、日本人からすると少し塩分が強いかなぁという感じのクラムチャウダーなのですが、それでもテラス席で真下の海岸でぷかぷか漂うラッコや海鳥を見ながらのチャウダーは最高のごちそうです。

そうだ、このパンで、明日の晩はクラムチャウダーを作ろう!
そして作ったのがこれです(写真)。
d0080282_23314771.jpg
家庭で手作りすることの良いところは、自分の納得のいく素材で作れるということ。アサリはさすがにこの時期なので缶詰を使いましたが、その汁とたっぷりの白ワイン以外は牛乳とクリーム。お水を一切加えずに作るという贅沢をしてみました。ジャガイモ、たまねぎ、セロリ、そしてにんじん(私も息子もあまり好きではないので彩り程度(笑))。それらをざくざくっとさいの目に切って、ジャガイモ以外をバターで炒めます。そこに塩と小麦粉。別のなべに白ワインと汁ごとの缶のあさり、ローリエに塩と気持ち程度の顆粒コンソメを入れて、さっとひと煮立ちしたのちにアサリを上げ、そこに牛乳と生クリーム、炒めた野菜とじゃがいもを入れてコトコトコト。。。
最後にたっぷりのパセリのみじん切りとアサリを戻し入れ、パルメザンチーズ(粉チーズ)と胡椒で味を調えてからもう一度軽くひと煮立ち。はい、出来上がり!

美味しかったです。缶詰のアサリ(2缶使用)がちょっと高いかなぁというくらいであとは家にある食材で手軽に作れて味はゴージャス! パンだって、ひとつ158円程度と、アンデルセンにしてはお買い得価格&少し多めのひとり用サイズでとても幸せな夕食になりました!

そんな感じで、若いエナジーに触れ、吸収し、放出し、ちょっぴりハッピーだった私的なナチュラルウィークエンドでした。d0080282_23321830.jpg


*写真は代々木公園で行われていたEarth Gardenの様子。最初の写真に写っている男性は次回のライブでご一緒するミュージシャンの方。次はライブのフライヤーを置かせていただいたところ。ディジュリドゥのような民族楽器を売っているテナントもありました。
で、私の手作りのクラムチャウダーと最後は明治神宮の正門。都会でも立派に深い緑はあるのです(^^)。
[PR]
by MothersFreeSpirit | 2007-07-08 23:39 | 渡米前のブログ

ワクワク満載で過ぎていった6月 九州の思い出などなど

d0080282_13414348.jpgいったい何があってそんなに飛ぶように時間が過ぎてしまったんだろう…、というのが私の6月でした。びっくりしたのですが、前回のブログが6月6日のもので、もうかれこれひと月近くも何も書いていないことになるのです。

書きたいことは山ほどあります。例えば、8日から15日まで滞在した九州でのこと。熊本すぴこんの成功と30年ぶりとなる親類宅への訪問、熊本でのエサレン®マッサージのセッションと絶妙なタイミングで東京から飛んできた代官山のライブでのスマッジングパフォーマンスの依頼、久しぶりのひとり旅にワクワクした長崎での滞在や福岡シティウォッチングなど、たんまりと。ところが、帰宅後、不在中にたくさんいただいていた注文の処理やら、今しているフェアのスタートのための準備、そして成田でのセッションという大きな作業とそれに加えたさまざまな雑事、その合間のゆるゆるで怠惰な時間(苦笑)にかまけているうちに今日となってしまいました。そうだ、ふとした思いからした、いつもよりゴージャスなホワイトセージクラスターを使ったセージバスとそれに使ったセージを再乾燥させてからのスマッジング、なんてのも、ここを読んでくださっている方にとってはかなり興味深い話題に違いないなぁ。。。それからエサレン®マッサージのサロンの方ですが、一般書店に並ぶ雑誌に記事として掲載される、という出来事もありました(ちっこい記事ですけどね(^^;))。

ここ数年、時間が流れるのが早くなったなぁ、としみじみ感じているのですが、この6月ほど早かったことはなかなかないのではないかと思っています。それだけ充実していた、ということになるのでしょうね。充実、いいことですねぇ~(^^)。

さてさて、せっかくなので、少しばかり九州での出来事を書きたいと思います。もうかなり過去の出来事になってしまいましたが。。。
d0080282_1341630.jpg
自分でも本当にびっくりなのですが、30年ぶりの熊本入りになりました。大人になってから初めて降り立つ熊本です。前回より何が変化したとか、そういうことさえわからないくらい昔に訪ねたきりなので、すべてが丸ごと新鮮でした。地方に行って、何よりうれしいのは景観です。熊本では、迫ってくる雄大な自然と一般の住宅や街の景観が美しく融合しているところが素晴らしいと感じました。東京の、私が住んでいるエリアは関東平野で山がありませんし、当然土地の起伏もありません。近所の水元公園に行けば緑はたくさんありますが、隆起した土地から迫ってくる自然の息吹には当然ながら敵いません。それが、暮らすエリアと融合しているのです。恐らく、大部分の、都心以外で暮らす方には当たり前のことなのかもしれませんが、私にとっては新鮮なのです。なぜかわかりませんが、雄大な自然の中に身を置くのも好きですが、住居やビルが立ち並ぶエリアから見える自然に妙に惹かれます。かっこいいなぁと思うのです。

熊本すぴこんでは、地元でボディワークのサロンをされているMother’s Free Spiritのお客様のおひとりがお手伝いを快諾してくださり、その方がお友達にも声をかけてくださったお陰で滞りなく楽しく対面販売をすることができました。在庫商品を陳列しきれないほど持っていくことはせず、開封・陳列・撤去作業が嫌にならない程度に済ませられたのは、初体験の東京での苦い経験が生きているからです(笑)。あのときはでっかいダンボール4個とスーツケースにぎっしりの商品を持ち込み、陳列台となる一般サイズの会議用テーブルに置ききらないどころか、はみ出した商品の置き場にも困るくらいでしたから。今回は、ホワイトセージクラスターなどのプランツ専用の箱を含めて3つの荷物のみでした。それが帰りには2つになっていたのですから、どれだけ好評だったか想像していただけると思います(^^)。東京すぴこんでお目にかかったヒーラーさんとの再会もあったり、隣で出展していたすぴこん出展歴60回以上という関西のおっちゃんと仲良くなったりと、本当に楽しい時間でした。
d0080282_13364432.jpg


東京という空気感に慣れている私にとって、熊本のそれはまるっきり違うものに感じられました。うまく表現できませんが、どこか素朴でのんびりとしていて、好奇心に溢れ必要以上の警戒感を含まないリラックスした空気を感じました。会場となった場所は回りに何もないところでしたが、熊本は車社会が著しく大人ひとりにつき一台が当たり前だそうで、「足としての車さえあれば、不便な場所など存在しない」という土地の方の感覚を反映してか、本当にたくさんのご来場がありました。もちろん、東京ほどでないにしても。終始和やかなムードで進行し、たくさんの笑顔、たくさんの優しさに触れることができました。すべての方々と土地の空気に「感謝」の一言に尽きます。

翌日は、すぴこんのお手伝いをしてくださった方のサロンでのエサレン®マッサージのセッションをしました。クライアントさんはおひとりだけだったですが、これがまた、面白い流れで実現したものなのです。私が熊本すぴこんへの出展を検討しているさなか、一件のメールが届きました。簡単に書いてしまうと、「福岡のものなのですが、5月か6月にセッションを受けに東京に伺いたい」ということでした。これにはびっくりです。セッション料金より高い交通費を払ってまでして私のセッションを受けにきてくださるなんて、うれしいやら申し訳ないやら。出張を絡めて、というお客様は時々いらっしゃるのですが、私のセッションを受けるためだけに来てくださるという申し出は初めてのことです。それで思いつきました。「熊本と福岡はどれくらい近いのだろうか?」。そして、熊本すぴこんの出展が確定したのち、お手伝いくだる予定の方にこのことをご相談し、サロンの利用を快諾していただき、無事、福岡の方に地元に近いところで私のセッションを受けてもらうことができたのです。呼ばれるというか、流れというか、そんな感じのシンクロが最近増えています。興味深いですね!

その後、私は、さんざんお世話をしてくださったそのサロンの方に阿蘇までのドライブに連れていってもらい、立ち寄った水源では同じくすぴこんに出展されていて、私の販売しているネイティブアメリカンのハンドドラムをたたきながら楽しそうに踊ってくれて意気投合したアーティスト系のヒーラーさんたち(1号2号(笑))とばったり再会、「びっくりしたねー」、なんて言いながら車に戻る途中で今度は、同じくすぴこんで迷いに迷って何度も足を運びながらアメイジングエンジェルをひと揃い(12体)ご購入くださったお客様とばったり遭遇!部屋に飾ったエンジェルたちのケータイ写真を見せていただき感無量になる、というシーンも体験しました。すべてが偶然のなせる業でした!
d0080282_13394314.jpg
最後に滞在した福岡では、熊本でエサレンを受けてくださった方との再会を果たし、お魚の美味しい居酒屋さんで楽しい時間を過ごしました。そうそう、彼女にセッションをして、素晴らしいエネルギーの昇華を体験した直後に、前回下北沢のライブでご一緒させていただいたミュージシャンの方から、今度は7/21に代官山で行われるライブでのスマッジングパフォーマンスのオファーが舞い込んだのでした。しかもその方も屋久島でたっぷりと力強いエネルギーを蓄えてきた直後だったそうで、九州の気というものは本当に侮れません(^^)。「九州はエネルギーすごいよねー」、というやりとりをオファーをいただいたメールのやりとりの中で交わしました。

今回の九州入りの一番の動機は、アメリカに行ってしまったらもう会えなくなってしまうかもしれない高齢の伯父や伯母に会っておきたいという気持ちと、なくなった父の故郷を大人になった自分の目を通してもう一度見ておきたいという気持ちからでしたが、ワクワクが大好きな私はそれに熊本すぴこんをセットしたお陰で、そこから広がるたくさんの素晴らしい人間関係や感動的な流れを体験することができ、充実という言葉が物足りなく感じるくらいの満足感を持って東京に戻りました。

さて、明日からまちぼちぼちと、たんまり溜まったネタをブログでご披露します。恐らく、セージバス&その後のスマッジング(え!? 湿気、大丈夫なんですか!? はい、大丈夫です。ほら!)、なんてのは、かなり興味のあるところなのではないかと思います。お楽しみに!

写真1:「日本三代四国」のひとつ、福岡県糟屋郡篠栗の篠栗八十八箇所で見たでっかい涅槃像の足の裏。美しい!
写真2:阿蘇からの景色。ただし阿蘇は広大なので阿蘇の一部にすぎません。
写真3:熊本すぴこんでの私。改めて見ると本当にでっかいおばさんです(^^;)。
写真4:これがびっくり!阿蘇での写真なのですが、インスタントカメラで撮ったというのにこの美しい光のフレーム!
[PR]
by MothersFreeSpirit | 2007-07-04 13:50 | 渡米前のブログ

楽しかったライブでのスマッジング

ひとつが終わるとまたひとつ。熊本すぴこん出展に向けてバタバタしているうちにあれよあれよと日が過ぎてしまいました。大興奮した下北沢での「満潮LOUNGE」から早一週間になろうとしています。

満潮、満月、自然体で聴けるアコースティックなサウンドと、コンセプトのしっかりしたライブのイントロにスマッジングを、と考えてくださったのはMother's Free Spiritでホワイトセージをご購入いただいているお客様でした。ひょんな流れで私がそのパフォーマンスをすることになり、さて、それではどんなふうにしようか、などと頭の中でシュミレーションをしながら本番に向かいました。

ネイティブアメリカンがセレモニーでするスマッジングにはいくつものバリエーションがあり、部族によっても、儀式によっても違ってくるのですが、私はぜひとも、私が気持ちよいと思って実践しているスマッジングをご披露したいと思いました。

まずは自分の浄化です。火をつけたバンドルから煙が立ち始めたらまずはハートに向かって煙を流し、十分に癒します。それから、全身です。自分の中にあるネガティブな感情すべてを煙にくるみ、それが立ち上るのに合わせて手放していきます。感情を手放す、というのはイメージするといいと思います。それから、場の浄化です。なるべく隅々までいきわたるように、スマッジファンを使って煙を飛ばしていきます。今回はホワイトセージのバンドル中と、サンプルで仕入れたセイクレッドセージ(ユタ産デザートセージ)の2本を一緒に焚きました。これは私の好みなのですが、ホワイトセージだけだとかなり香りが強いので、デザートセージでその強さをやわらげ、場の空気をほぐしていく、というイメージです。これらを持って、私は蝶のように、ひらひらと、時には誰かの目の前に止まって、ゆっくりと楽しくスマッジングをしていこうと考えました。

会場となったライブハウスはステージに向かって縦に長い作り。スマッジバンドルに火をつける場所は真ん中より入口寄りです。打ち合わせでは、お店の入口付近、つまり、ステージから見て後方から少しずつスマッジングして歩き、ステージに上がり、ステージ上でのスマッジングをしたのち、スマッジングについての説明をしてからミュージシャンと照明、カメラスタッフの紹介をして、再びステージを下り、ギャラリーの中をスマッジングしながらフェードアウトしていく、ということになりました。お客さんの間を縫ってスマッジングする、というのは私がシュミレーションしていた通りの流れです。

当日は100人近い方がライブを楽しみにいらしていたようですが、私のパフォーマンスは一番最初だったので、恐らくその半分くらいの方だったのではないかと思います。なるべく緊張することのないよう、マインドコントロールしたつものでしたが、初めて上がったステージは照明が強く、私の方からお客様の様子は暗くて見えません。逆に、お客様たちからは私のことがよく見えるわけです。そんなことを思ったとたんに緊張してしまい、私のしゃべりは終始たどたどしいものになってしまいました。

それでも、そこに集まる方々はとても温かい心で私のスマッジングパフォーマンスを賞賛してくださいました。私のパフォーマンスの間中演奏してくれていた魔法の指の持ち主、カリンバのHIROYUKIさん、それから、「え、これが三味線の音?」と耳を疑いたくなるほど優しく静かな音色で三味線を奏でてくれた士門さんには本当に感謝です。驚いたことに、このお二人はその場で軽く相談しただけの即興演奏だったにもかかわらず、息もぴったりでさすがプロだなぁと関心しました。このブログに音を載せることができなくて残念です。

音楽を載せることはできませんが、HIROYUKIさんから今後のスケジュールをもらっていますので、カリンバというアフリカから来た民族楽器の音にご興味がおありな方はぜひ参加してみてください。

以下はHIROYUKIさんに送っていただいたものです☆

★HIROYUKI(カリンバ奏者)6月のライブ演奏スケジュール(07年5月末現在)です。どれも面白いイベントになりそう。興味沸くものあったら、ぜひ遊びに来てください!
  
●6月13日(水)草津 イタリアンレストランITALO   
 http://www.geocities.jp/italokusatsu/
 ★名湯草津温泉のイタリアンレストランで夢一夜のカリンバ演奏!
 出演予定 工藤桂/中沢建/諸角健一/HIROYUKI
 19時開演 ¥入場無料(投げ銭制)群馬県吾妻郡草津町大字草津191-1

●6月16日(土)渋谷 KAWARA http://www.ka-wa-ra.com/
 ★DJ&LIVEオールナイトパーテイ『A.T』番外編@ダイニングバーに出演! 
 出演予定 HIROYUKI&more/勝気煙(ジェンベトリオ)ほか
 23時開場 ¥フリー入場予定 渋谷区神南1-15-7 公園ビル6F

●6月23(金)~24(日)那須 アートランドポカラ http://gesisai.com/
 ★標高1000m那須山奥の『夏至祭』に今年もカリンバ参加! 
 *今年のテーマ『森と遊ぶ』!モリアオガエルの棲む池に浮かぶ特設ステージでバラエテイに富んだ
面白いライブが止むことなく!アート展示やフード屋台に各種ワークショップも開催!
 夜はネコ缶ランプの光の海に包まれて素敵な夏至の夜を!
 出演予定 春のうらら(主宰 画家)サカキナナオ(詩人)辻田浩之(和太鼓)
 庄田次郎(トランペット他)ちだ原人(ジャパニーズレゲエ)ミッキー(ロック)
 ダグラス・ワキウリ(ソウルオリンピック男子マラソン銀メダリスト トーク&ライブ)
 助川久美子(コントラバス弾き語り)オランドウ・ピングル(アフリカンドラム) 
 アミ(飛天舞)マル(笛)ムンドノーボぽこブヨーダン楽団(からくり人形楽団)
 南無(プログレッシブフォーク)roots mellows(ダブバンド)豆太郎(ちんどん)他多数
 ※時間詳細は現地にて ¥入場無料雨天決行 栃木県那須郡那須町湯本253

●6月24日(日)青山 PINK COW  http://www.thepinkcow.com/
 ★『DRUM COW 18』http://ameblo.jp/drumcow/
 *品川ジャンベポッセが贈る毎回ものすごく熱い盛り上がりの月例パーカッションパーテイ!
 ★今回はブラジルのカポイエラチームより、パンデイロ&ビリムバウ他との競演!
 HIROYUKI(カリンバ)&ハリネズミ(パンデイロ&ビリムバウ)ほか
セッションコーナーあり!身の回りにあるタイコ持って来て熱く叩こう!終わんないけど。
 18時ころよりスタート! 入場無料! とにかく盛り上がる熱気のすごいイベントです!
 渋谷区渋谷1-3-18 ヴィラモデルナB1 こどもの城の左筋入った左奥。

●6月27日(水)国分寺 RUBBER SOUL
 ★演劇に音楽ちんどんと[大人のサアカス]満天開!『煉獄サアカス ミノスの黒い壷』
 *様々な表現者たちのコラボレーション演劇番外編第3弾! http://rengoku-circus.info/
 共演 神山てんがい(主宰 演劇)かおり(演劇)マチルダ☆ぱんだ(声楽)
 立岩潤三(パーカッション)狩俣道夫(管楽器)豆太郎(ちんどん太鼓&クラリネット)
 小春(アコーデイオン)渦(サックス)クロ(ベース)鈴木美紀子(ギター)
 加藤チャーリー千晴(ピアニカ&バイオリン)湯川英宜(ジャグリング)墨之江ユキ(うた)
 19時開場予定 ¥入場無料(投げ銭制)国分寺市南町2-16-14 B1

●6月28日(木)渋谷 公園通りクラシックス http://www.radio-zipangu.com/koendori/
 ★『銀杏館&GATOBLANCO主催 ヴァーチャルクーデター vol.2』
 出演 ノムラジュンコ(GATOBLANCO)/青山雅明(voice他)/null(テルミン)ほか
 19時開場 ¥2000 宇田川町19-5 東京山手教会B1

●6月29日(金)要町 路地裏くつろぎカフェ cafeあめんぼ
 ★『HIROYUKIと仲間たち その4』http://cafe-amenbo.com/index.html
 ◆6月のゲスト ソウマヒカリ(笛)/豆太郎(ちんどん)石松祥子(アコーディオン)
 *好評いただいた「あめんぼライブ」第4弾!素敵な笛吹き奏者を招いて心に沁みいります! 
 19時過ぎから3部構成を予定。ソロカリンバ&合奏ライブ!
 ¥入場無料だけど要オーダー&投げ銭制 あとマスターの秀さんによる紙芝居もあるかも!
 どこか懐かしくて、暖かい雰囲気のお店。マクロビオティックにこだわった料理もおいしいよ!
 豊島区要町1-2-5 東京メトロ有楽町線要町駅2番出口より徒歩2分

●6月30日(土)相模湖 おんぷ♪ライブ ★参加予定

****HIROYUKI(カリンバ)*************************
『音に込め、音で羽ばたく』をテーマに唯一無二のカリンバ演奏を探求。
奏でる音に自我を織り込み、いまそこに生きる人間の息遣いをいかに表現するか日々葛藤す。
日常空間にこそ己の音を響かせるべく精力的に行う新宿・渋谷・池袋・下北沢など東京各地の路上演奏
をはじめ、ライブハウス・クラブ・カフェ・お祭りなど多彩な場空間でパッションあふれる演奏を展開
、「超絶カリンバ弾き」「有機的無限ループ」などの異名を名づけられる。
またソロカリンバ演奏を中心に、和太鼓やエスラジ・ブズーキ・ちんどん太鼓など多種楽器との合奏、
タップダンサーとの競演、紙芝居とのコラボレーションなど、その演奏活動は多岐にわたる。

*ライブの詳細&問い合わせは、HIROYUKIメールアドレス hiroyuki4695@mail.goo.ne.jp まで。
[PR]
by MothersFreeSpirit | 2007-06-06 23:11 | 渡米前のブログ